loading


『Thief』は、1998年に生まれ、
ステルスアクションというジャンルの先駆けとなった
「Thief」シリーズの最新作です。

中世の雰囲気に加え、産業革命の兆しも見える巨大な街「シティ」を舞台に、
プレイヤーは"マスターシーフ"の異名を持つ盗賊「ギャレット」となり、
街に眠る財宝や隠された真実を盗み出します。

ゲームプレイの基本は、夜の闇にまぎれ、
人の目から逃れながら、あらゆる物を「盗む」こと。
"マスターシーフ"であるギャレットは、
影の中に潜むことで、人の視界から完全に消えることができます。

盗賊としての能力や多種多様なツール、
そして何よりプレイヤー自身の技術を合わせれば、
この街で盗めないものはありません。

“マスターシーフ”の異名を持つ凄腕の盗賊。

機知に富んだ皮肉屋。
生きるために盗むのではなく、盗むために生きる男。常にスリルを求めており、困難な獲物こそ彼の標的である。
盗みには強いこだわりを持ち、たとえ敵に囲まれようと、余程の理由がない限り「殺す」という手段はとらない。

「Thief」1作目から登場する非殺傷武器。
敵を気絶させるのにギャレットが好んで用いる。戦闘中は身を守る道具にもなる。

高所への移動を可能にするツール。
物語冒頭で女盗賊エリンから盗んだもの。これを失ったことで、彼女は悲劇的な運命をたどる。

ギャレットの仕事を助ける強力なツール。様々な矢を射出でき、どんな局面でも有用。

ウォーターアロー : 松明や蝋燭の明かりを消す
ブロードヘッドアロー : 二枚歯で攻撃力が高い
チョークアロー : 敵を窒息させる
ブラストアロー : 小規模な爆発を引き起こす
ロープアロー : 高所へロープを張ることができる

ノースクレスト邸での事件で身についた特殊能力。
感覚が研ぎ澄まされ、敵の探知、弱点の視覚化、インタラクトできるオブジェクトの可視化、ピッキング精度の向上など様々な効果が得られる。
ただし、使用中はフォーカスゲージを消耗。物乞いの女王に出会って以降は、フォーカスポイントを使用してアップグレードも可能になる。

目的のためなら殺しもいとわない女盗賊。

元々は身寄りのない孤児であったが、路頭で生活しているところをギャレットに見つかり、ほどなくして盗みの手ほどきを受ける。
後に仕事の流儀をめぐってギャレットと激しく対立、以降は別々の道を歩んでいた。
ある依頼のために久々にギャレットと手を組むが、忍び込んだノースクレスト邸で奇妙な儀式に巻き込まれ、現在は消息不明。

ギャレットらに様々な仕事をもたらす仲介屋。

街の住人すべてを知っていると言っても過言ではなく、裏の社会では広く名が通っている。
ギャレットとエリンを引き合わせ、ノースクレスト邸からある石を盗み出すよう依頼した張本人。
悪事は一通り働いてきたが、行方不明だったギャレットの身を案じるなど、仲間思いの一面も持つ。
酒と賭け事、女には目がない。

街のことは何でも知ると噂される盲目の老婆。

ネズミや物乞いの目を通して、街を見張っているとも言われている。ギャレットのことは子供の頃から知っており、街の危機を察知し、助言を与える。

街の治安維持のためにノースクレスト男爵に雇われた冷酷非道な男。

衛兵を束ね、ごく小さな悪事でも極刑に処す姿勢から、住人の恐怖の対象となっている。自らの地位をいいことに、街中で法外な額の“闇税”を徴収し、私腹を肥やしている。

ノースクレスト男爵の圧政から人々を解放しようと立ち上がったカリスマ的な指導者。

民衆による革命集団“グレイヴン”を率いて“民衆の夜明け”を勝ち取るために戦う。

代々街を支配する名門貴族の現当主。

民衆の困窮を顧みず、工業化を推し進めたため、“鉄男爵”とあだ名されている。
グルーム病が蔓延し、街を封鎖してからは、保安総監に統治を一任しており、久しく公に姿を見せていない。

目を覚ますと、夏至祭の黄金に輝く星空は、黒雲の広がる闇夜となり、“シティ”に暗い影を落としていた。

閉ざされた門、圧政と貧困にあえぐ人々、蔓延する “グルーム病”ノースクレスト男爵の支配は暴政と呼ぶにふさわしく、苦しみに耐えかねた民衆は、いまや暴徒と化そうとしている。

これは俺の知る街ではない。

ギャレットの目に映る街は一変していた。全ては男爵の館へ忍び込んだあの夜から。あの日、あの場所で何が起きたのか。自らの身に、そしてエリンの身に。

以前にも増して広がる闇に身を隠し、“マスターシーフ”は動き始める。
その右目に不可思議な輝きを宿して……。

煌々と灯る時計塔の明かり。いつもとかわらぬ隠れ家には、埃だけが異常に積もっていた。仕事仲間のバッソに話を聞けば、あの夜からすでに1年が経過していると言う。

広がる闇、深まる謎。

日を追うごとに生気を失う街では、保安総監の指揮する衛兵が闊歩し、人々は自由に外に出ることも許されない。

街に起こった異変を肌で感じつつも、ギャレットは次の獲物を求めて影に潜む。闇に生きる者たちには、この混乱はむしろ好都合だった。

冷徹なノースクレスト男爵の圧政に、民衆の怒りは燃え上がる。暴徒となった彼らは"グレイヴン"と呼ばれ、指導者オリオンの登場で、対立はさらに加速する。革命の炎はやがて街全体を焼くだろう。

情勢の変化に乗じて、望むものを手に入れるギャレットだったが、あの夜の記憶は鮮明さを増し、いつしかエリンの亡霊を見るようになっていた。

亡霊の囁きに誘われ、エリンの過去を調べ始めるギャレット。

かつてない街の異変、真実に踏み込もうとするマスターシーフに、物乞いの女王は警告する……「闇に生きるのはあなただけじゃない」と。

中世の面影を残し、産業革命の空気も漂う街。

数世紀にもわたって没落と隆盛を繰り返し、いまでは様々な陰謀と感情が絡み合う。街の歴史は日々積み重ねられ、その下にはまだ見ぬ宝や真実が眠っている。

中心街。様々な店や施設が軒を連ね、以前は多くの人々で賑わっていた。ギャレットの隠れ家である時計塔もここに位置する。

ノースクレスト男爵の邸宅がある富裕層や権力者が住むエリア。
街とは巨大な橋でつながっているが、自由に行き来することはできない。

街の南に位置し、港と中心街を結ぶエリア。
「イールバイター」と呼ばれるギャングたちの拠点があり、治安が悪いためか衛兵が多く配備されている。
秘密の館「ハウス・オブ・ブロッサム」もここから入ることができる。

シティの離れ小島に位置する打ち捨てられた医療施設。
いつからか、入る者はいても出てくる者はいないと噂されるようになっていた。廃院になってからは、時折、不気味な声が聞こえると言う…。

工業地区。街の発展の基盤となる工場が立ち並ぶ。
街が一変してからは、グルーム病で亡くなった人々の遺体が運び込まれているようだが…。

仲介屋のバッソのもとに行くと、ジョブ(サイドクエスト)を受注することができます。バッソに話しかけ、受注したい仕事を選んでください。
また、街の住人に話しかけたときに、ジョブを依頼されることもあります。ジョブを進めていくと、収集品やお金を集めることができ、本編では語られないような街の秘密も明らかになります。

タイトル: Thief (カナ表記: シーフ)
プラットフォーム: PlayStation®4, PlayStation®3, Xbox One, Xbox 360, Windows
ジャンル: ステルスアクション
プレイ人数: 1人 (オンラインランキング機能有り)
発売日: 2014年6月12日 (木)
価格: 7,800円+税
年齢別レーティング (CERO) : Z (18歳以上のみ対象)
※ Xbox One版は2014年9月4日 (木) 発売
※ PS3・PS4ダウンロード版は6,800円+税
※ 日本語・英語音声切り替え可能、字幕は日本語のみ

海外版との仕様の違いについて

中世の面影を残し、産業革命の空気も漂う街。

14.06.06 "6分でわかるシーフ" を追加しました。

14.05.26 "Forsaken" 吹き替え版トレーラーを追加しました。

14.05.08 "日本語吹き替え版プレイ動画2" を追加しました。

14.04.11 "日本語吹き替え版プレイ動画1" を追加しました。

14.04.09 "BankHeist" 特典トレーラーを追加しました。

14.03.19 "GamePlay" 吹き替え版トレーラーを追加しました。

14.03.19 発売日決定。2014年6月12日(木)。

14.03.19 ツイッターアカウントが新しくなりました。

13.09.26 シーフ公式サイトを公開しました。

タイトル: Thief
発売日: 2014年6月12日 (木)
ジャンル: ステルスアクション
CERO年齢区分: Z

ギャレットが出会う人物たちをご紹介。

夏至祭の黄金に輝く星空は、黒雲の広がる闇夜となり...

“マスターシーフ”の異名を持つ凄腕の盗賊。機知に富んだ皮肉屋。生きるために盗むのではなく、盗むために生きる男。常にスリルを求めており、困難な獲物こそ彼の標的である。

『Thief』は、1998年に生まれ、ステルスアクションというジャンルの先駆けとなったThiefシリーズの最新作です。 中世の雰囲気に加え産業革命の兆しも見える巨大な街「シティ」を舞台に、 プレイヤーはマスターシーフの異名を持つ盗賊「ギャレット」となり、街に眠る財宝や隠された真実を盗み出します。 ゲームプレイの基本は、夜の闇にまぎれ、人の目から逃れながら、あらゆる物を「盗む」こと。 マスターシーフであるギャレットは、影の中に潜むことで、人の視界から完全に消えることができます。 盗賊としての能力や多種多様なツール、そして何よりプレイヤー自身の技術を合わせれば、この街で盗めないものはありません。